ココロとカラダへの栄養

2023台湾旅行記『小籠包』『台北101』

台北の小籠包はここ!鼎泰豊

台中市内観光の昼食。有名な小籠包のお店。鼎泰豊。

コースのメニューでは、10種類の点心が出てきます。

たくさんの針生姜をいれたタレ。針生姜は、どんどん追加で持ってこられます。

小籠包の食べ方

1 酢醬油に生姜の千切りを入れて、タレを準備します。

2 人数分の小籠包が蒸し器ごと運ばれます。

3 小籠包をタレに少しつけて、れんげに乗せます。

4 箸で少し穴を開けて、れんげに漏れて出たスープをすすって飲みます。

5 小籠包に針しょうがを乗せて食べます。

どれも夢中で食べてしまう美味しさでした。

超高層ビル 台北101

昼食後に最初に訪れたのは、『Taipei101』。

クリスマス前で、ディスプレイがとても美しいです。

Taipei101は、大きなショッピングモールで、ハイブランドのお店がたくさん入っています。

89階・90階が展望フロア

89階は、ガラス張りで360度の展望ができるフロアです。

このような眺望です。

90階には階段で上がることができます。90階は外の展望デッキ。そこからの写真は怖くて撮ってません。

カフェやお土産物のお店は89階に並んでいます。可愛いソフトクリームをいただきました。

青いお花は、お豆で作られている細工クリームです。おしゃれ!

またまた89階には、楽しい映えスポットも。

Taipei101の87階。ビルの心臓。

87階には、Taipei101の耐震のための心臓があります。

これは、巨大なおもりで、振り子になっています。

大きな地震が起こったときにビルが倒壊しないように、重心のバランスをとるのだそうです。

このおもりが、Taipei101のいろんなお土産グッズのデザインに使われています。誰でも見学できます。

おまけの思い出

エスカレーターを降りていると、知り合いの人のご家族に遭遇。

取材を受けたときにお世話になったライターさんのご家族さま。

Taipei101が一層、思い出の場所になりました。

関連記事